記事一覧

時計との付き合い方、3つのステージ

"我々が皆通って来た道だ。

我々はよく、時計の収集、あるいは時計への愛着を“趣味”と表現する。これは、それ以上に真剣なものだという考えを払拭するための方法だ。それは、あまり真剣でない相手とコミットする準備ができていないときに「気楽な関係」と言うのと同じだ。しかし時計収集とは、あなたが思うよりも感覚的な関係を反映するものなのだ。もし、あなたがこの世界に足を踏み入れたことがあるなら、私が言っていることがよくわかるはずだ。

恋に落ちるように好きになった(それ以外に言葉が見当たらない)時計に狙いを定めることは、とりつかれることに似ている。腕時計に夢中になることは珍しいことではないが、それはこれから腕時計のコレクターになる人、あるいはすでにコレクターである人が、ある時点で経験する一連の3つのステージの始まりでもある。今回はバレンタインデーにちなんで、この3つのステージをご紹介しよう。

このリストは一部の人にとって引き金になる可能性があるので、ご注意を。

1.関税なし!ロレックス スーパーコピー ヨットマスター42 226659

42mmというと、40mmが主流のロレックスの中ではかなり大きめと言えるでしょう。さらに、これまでラグジュアリー一辺倒だったヨットマスターにはない黒基調。この部分も従来のヨットマスターと比べ、凛々しさが加わりました。
とは言え素材はホワイトゴールド、そしてセラクロムベゼルはマット仕上げになっており、他のスポーツロレックスとは一線を画したラグジュアリーさは健在。大人気のオイスターフレックスと組み合わさったことによって、やはり登場後に大人気&品薄を博したエバーローズゴールドのRef.116655を彷彿とさせるデザイン性です。もともとヨットマスターは、「ヨッティングを楽しむセレブの余暇」をコンセプトに作られました。そういったコンセプトは守りつつも、どこか野趣的な精悍さをも持ち合わせている新作です。

2.人気 ロレックス デイトナ コピー コスモグラフ 116500LN ブラック

バーゼルワールド2016で世界中に衝撃を与えたデイトナのニューモデル「Ref.116500LN」。
前作は、ケース素材と同じステンレスベゼルでしたが、新作はブラックセラミック製に変更され、傷に強くなったことはもちろんの事、1960年代のプラスチックタキメーターを彷彿させるデザインとなっています。
また、ロレックスは2015年から自社規定のクロノメーターをより厳しくしたことも発表しています。
それはケーシング後の平均日差を-2~+2秒以内で調整するというもので、これは通常の公認クロノメーター規格の2倍以上も厳格な基準となります。

3.ロレックスロレックスコピー オイスターパーペチュアル エクスプローラーI 114270メンズ ブラック 自動巻き

タイプ 新品 メンズ
型番 114270
機械 自動巻き
材質名 ステンレス
文字盤色 ブラック
文字盤特徴 アラビア
ケースサイズ 36.0mm
ブレス内径
【測り方】 約18.5cm
付属品 内 外箱
ギャランティー


【関連記事】:https://aintecweb.com/bdflashinfo/pageicons/diary.cgi

"

ゼニス デファイ エクストリーム カーボンが電動オフロードレース“エクストリーム E”の世界に投入される

ハイテクを駆使した次世代電動レーシングと、現代で最も大胆な機械式クロノグラフという、何とも興味深い組み合わせだ。

LVMH時計部門は、ゼニス、タグ・ホイヤー、ウブロ、ブルガリの新作時計をオンライン展示会「LVMHウォッチウィーク 2022」でリリース。

我々が知っていること
ゼニスは、そのことわざ通り、何をあてにすればいいのだろう? まず、最初の自動巻きクロノグラフのひとつであるエル・プリメロが存在するが、これは1969年にさかのぼる。それ以来、多くの時間が経過し、ゼニスはその栄光に安住することなく歩んできた。ゼニスのレガシーの多くはエル・プリメロを中心としたものだが、だからといって60年代(あるいは70年代)に完全にとらわれているわけではない。

たとえば、新型のデファイ エクストリーム カーボン。デファイ エクストリーム初のカーボンファイバー製ケースを採用し、伝統的なデザインとは一線を画したモデルだ。また、1969年には考えられなかったことだが、電動SUVレースとコラボレーションしている。この時計は、サウジアラビアの砂漠やチリの山々といった極限のレース環境を探求する国際的なオフロードレースシリーズ、エクストリームEレーシングとゼニスとのパートナーシップから誕生した。ゼニスは同シリーズの公式タイムキーパーであり、創設パートナーでもある。

ゼニススーパーコピー パイロットタイプ20 GMTトリビュート トゥザ ローリングストーンズ 96.2439.693/77.C809

型番96.2439.693/77.C809

機械自動巻き

材質名チタン(DLC加工)

ブレス・ストラップストラップ

タイプメンズ

カラーブラック

文字盤特徴アラビア

ケースサイズ48.0mm

機能2タイム表示

伝説のロックバンド「ザ・ローリングストーンズ」へのトリビュートモデルの第4弾で最終モデルがついに入荷しました。

ケース素材にはDLCコーティングを施したチタンを採用することで直径48MMの大型ケースサイズの割には重量は抑えられています。

ユニオンジャックを背景にした文字盤にはロックファンであれば誰もが知っている「リップス&タン」のロゴをプリントして裏蓋にも同ロゴを刻印。

世界限定数は200本ですのでファンの方はお早めにご検討下さい。

ケース、リューズ、プッシャーはカーボンファイバー製で、チタン製の12面ベゼルとプッシャープロテクターが組み合わされている。デファイ エクストリームの設計指針は、地球上で最も過酷な環境でのレースに理論的に耐えることができる時計を作ることだった。電気自動車のSUVと同様に、この時計を実現するテクノロジーにも多大な投資が行われている。次世代素材とカーボンファイバー成形の進歩が、デファイ エクストリームのワイルドな外観を生み出しているのだ。

Cal. 9004は現代の驚異である。100分の1秒計測が可能で、ふたつの脱進機を備え、時分針は3万6000振動/時、クロノグラフ機構は36万振動/時を叩き出す。このキャリバーは、現時点で「最速」のクロノグラフキャリバーであり、近い将来、最速のレースとなるであろう電気自動車と組み合わされることに不思議はない(電気自動車は毎分0RPMで100%のパワーを発揮し、ガソリンエンジンの魂に足りないものを生のスピードとトルクで埋め合わせることができる)。